事務所概要

事務所名
高橋利典税理士事務所
所長名
高橋 利典
所在地

〒6712533
兵庫県宍粟市山崎町須賀澤1329番地7

電話番号0790-63-2150
FAX番号0790-63-0445
業務内容
  1. 相続手続きのお手伝い
  2. 相続税の申告手続代理
  3. 法人・個人確定申告のお手伝い
  4. 記帳代行
  5. 経理自計化の支援・月次決算の指導
  6. 事業再生のお手伝い
  7. NPO法人の記帳・決算業務支援
  8. 社会福祉法人の記帳・決算業務支援
  9. 生産森林組合の記帳・決算業務支援
高橋利典税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

 近畿税理士会 

お問合せ

事務所紹介

高橋利典税理士事務所は宍粟市山崎町須賀沢及びその近隣地域を主な業務エリアとして活動しています。

開業以来、創業・独立の支援、税務・会計・決算に関する業務、税務申告書への書面添付、自計化システムの導入支援、経営計画の策定支援、資産譲渡・贈与・相続の事前対策と納税申告書の作成、事業承継対策、税務調査の立会い、保険指導、経営相談等のサービスを提供させていただいております。

所長をはじめ職員一同、お客様のニーズに合ったサービスが提供できるよう、日々精進しております。
税務、会計、自計化等でお困りのことがあれば、お気軽にお問合せください。 

所長挨拶

当事務所では、この激動の時代を中小企業が乗り切るために、黒字化支援、財務経営力の強化支援に取り組んでおります。

少子高齢化による顧客層の変化、次々に現れる新たな商品・サービス、大手量販店の進出等、なにも手を打たなければ、顧客や取引先の減少が避けられない時代です。このような環境の中、経営に役立つ会計データを即時に入手できる体制を整え、経営者の意思決定に役立てることの重要性は言うまでもありません。

当事務所では、その様な体制を経営者と共に作り上げることをサービスの柱としています。具体的には、貴社を毎月訪問し、月次決算後の最新の経営成績、財政状態を分かりやすくご説明します。そして、自計化システム(FXシリーズ)の導入により、即時性のある経営に役立つ情報を入手可能にします。併せて、貴社の目標を明確にするため経営計画の策定をご支援します。これらは、企業規模が小さくても、企業の存続のためには必要なことです。当事務所がご支援しますので、是非、一度お問い合わせください。


所長 高橋 利典

所長経歴

平成11年~武内務税理士事務所に勤務
平成12年~
西川澄夫税理士事務所に勤務
平成18年5月27日
高橋利典税理士事務所を設立


所属団体・資格・論文・著書など

所属団体近畿税理士会所属

TKC全国会 姫路支部会会員

TKC全国会 社会福祉法人研究会会員
資格等税理士

事務所の特徴

経営革新等支援機関(財務局・経済産業局認定)

経営助言として経営理念の構築

朝礼によるPDCAサイクルの構築

論文

近畿税理士会論壇 『租税教育の題材について考える』

事務所経営目標

  

売り手よし、買い手よし、世間よし、三方よし」のサービスを心

     がける。

 一、自らいきいきと学び

 二、お客様に創意と工夫をもって接し、

 三、習得したノウハウを地域社会に還元し、
   もって、地域社会を生き甲斐と活力に満ちたものにすること。

       

事務所外観や所内など

所長室

スタッフ

先生1人と女子5人

みんな明るくて楽しい人達です。

仕事もキッチリやりますよ‼

             電光影裏斬春風  

「電光」は稲妻のこと。「影」は光の意。

「電光影裏春風を斬る」(稲妻が春風を斬るようなもので、魂まで滅ぼし尽くすことはできない)の略。

     

                  つまづいたおかげで

会議室

お客様との大事な打合せはこちらで行います。



 窓からの風景  

窓からの風景は、四季折々変わり、心を和ませてくれます。    

ホームの花(花言葉)・季節・風景

12月の花(山茶花)

花言葉 「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」

花言葉の由来

山茶花は山の厳しい気候の中で咲いている力強くも儚く美しい花とされ、どんな環境や状況にも負けずに咲く姿から「困難に打ち勝つ」という花言葉を添えられるようになりました。